宇宙を再び魅力的に – X-1R今でも驚きの存在

どうして人類が最後に月に登れた原因はソビエト社会主義共和国連邦が最初に旗を月の土壌に挿したら、アメリカは滅びるでしょう。冷戦が終わった後、宇宙探査は行き詰まっていました。FAAからNASAへの財政の支援は60年代が一番支援額が多い時代です。2017年では0.47%落ち(約2.14兆円)、NASAが成立した翌年1959年以来、この数字はずっと下がる一方です。(情報源:ウィキペディア)

この様な状況の中、人類の宇宙開発はもう行き詰まってしまったのか?もちろんそんな事はありません。表題で書いているように、宇宙より興奮するものはない。これは資産家でもある、宇宙活動家Rick Tumlinsonによって作られた言葉です。Elon Musk,、Jeff Bezosみたいに彼らは宇宙探査と宇宙旅行を呼びかけています。資金も注ぎ込んでいます。CNBCのレポートにより、去年宇宙開発企業への個人投資は約39億ドルです。

先月、アメリカのコロラドで行ったスペースセミナーで一番注目されているのは「Blue Origin」のBE-4ロケットエンジンです。Blue Origin会社はBezos氏によって設立され、みなさんご存知だと思いますが、アマゾンで小さい通信販売会社を作った人がBezos氏です。Bezos氏はより多くの人宇宙旅行が出来る為活動をしています。新しいGlennロケットはBE-4エンジンを使用し、2020年初めて発射する予定です。

Image Source: geekwire

Image source – www.businessinsider.my.

コロラドでのスペースカード: アポロの計画の期間、X-1R社はNASAの巨大型運搬機械でスペースシャッターとランチプラットホームをロケットアセンブリビルからケネデイスペースセンターの発射台に搬送することを目的に作られました。X-1Rが作ったのクローラーグレーン潤滑油は長寿命でエレメントに耐えられ,生物分解でき、超重型機械の故障防止のすべての条件に対応出来ます。X-1R社は今でもNASAに商品を供給しています。そして、私たちが愛用する乗用車、自転車、トラック等にも類似商品を開発しました。

だから、宇宙が再び魅力的な存在になり、我々も偉大な未知の新しいの興味の中から何か収穫すること求め続けます。もっとスペースセミナーとX-1Rにご興味をお持ち頂けた方は、X-1Rのホームページでご確認下さい

No comments yet! You be the first to comment.

Your email address will not be published. Required fields are marked *