知らない五つの新興エコテクノロジ

その上、正確に様々試験を行い正確なデーターを採取する事は容易ではありません。しがし、社は、本社はフロリダ州のデイトナビーチにある会社です。NASAから認可を受けた「宇宙技術認証」潤滑油で有名になりました。Sysco intermountain社と長期に渡り研究をしてきました。Sysco inter mountain社は現在食品業界でトップの問屋です。

今回の研究の目的は「エコ燃料添加剤」の高分子の試験プロジェクトです。大型ディーゼルトラックの燃焼プロセスまで大幅改善を目的に開発されました。Sysco intermountain 社の目的はディーゼル車の排出する有害ガスの低減、燃費率向上を通して消費エネルギーの削減です。結果的にエコ活動に大変な成果がありました。

今回の試験は18ヵ月以上の研究期間を費やし、X-1R車のユタ州にある車両技術チーム、トラック車両の専門エンジニアJohn Lorenzo氏とユタ大学鉱山系の学生Gates Campbell氏が協力しユタ大学の博士Mike Nelson氏の監修で行われました。Sysco intermountainの100台以上のトラックを使用し長期に渡りテストを繰り返しました。 今回Sysco inter mountain社が行った試験はパテントを取得できる程の特別な内容になりました。 長期プロジェクトで高分子のデイーゼルオイルの燃料添加剤を開発する事を可能になりました。

このテクノロジーは地球環境保護に対して大きな期待が出来ます。もちろんトラックの運送コストにも大きく影響していきます。それに加えデイーゼルエンジンに使用され、この技術は1マイル走行ごとに地球を救っています。このジャンルの商品の中では稀に見る驚きの研究結果を生む事が出来ました。

内燃機の高率向上の簡単な方法として、このテクノロジーはSysco inter mountainのトラック全車両に使用しています。 エコテクノロジー産業の新しい燃料添加剤についてお伝えしたい内容が5つあります。

 

1、この燃料添加剤使用により、1ガロン使用時、1マイル走行時に12%燃費向上アップしました。

Sysco inter mountain社から報告で温室効果ガス排出量は2,076,477ポンド又は、942メートルトン減少した事が分かりました。これは181台の車両は1年間走行する排出量と同量です。

 

2、この添加剤使用により、NOxの排出量は30%減少。
燃料消耗減少により温室効果ガス排出量が減少する以外にもこの燃料添加剤の燃焼排出量も減少しました。排出物内のNOxも38%減少しました。NOxはスモックの成形にも大きく関係をしています。 ユタ州を空気汚染している大きな原因の1つです。

3、この添加剤はディーゼルトラックの排気フィルターの浄化にも大きな効果を発揮します。

トラックは排気フィルターで1度、排気微粒子を吸着させ、フィルターの浄化を繰り返して走行します。フィルター浄化はトラックには不可欠です。添加剤を使用する事でフィルターの浄化に費やす時間を抑えトラックの稼働時間を大幅に増減する事が出来ました。

4、この製品は実際の環境状況でのテストを行いました。

アメリカでは商品のテストは基本的に試験室など人工で作られた環境で試験環境をコントロール出来る状況で行うので、実際に環境下での試験結果と異なる事も少なくありません。実際の使用状況は不安定に加え様々な状況変化があります。しかし、今回は実際の状況下で実際にトラックに車載コンピューターを搭載し燃費試験、消耗試験を行いました。排出物はマフラーのパイプに取り付けた機器で測定しました。排出記録システムはトラック運転室にある研究スタッフが連続で観測してます。

5、実際エコテクノロジーの試験は困難であり、限界があります。それに実現させる為には、多額な資金の投資が必要になります。

その上、正確に様々試験を行い正確なデーターを採取する事は容易ではありません。しがし、sysco inter mountain社とX-1R社は実現しました。博士Dr. Nelson と Ms. Campbell氏共同で研究に協力頂く事で実現しました。本来であれば200,000ドル〜100万ドル程度必要になりますが、試験、研究内容の重要性、必要性を理解頂きパートナーとしてご協力頂きました。

X1Rの燃料添加剤とその他エコテクノロジー製品を興味のある方は

このホームページからご覧下さい。https://x1rcorp.com/

No comments yet! You be the first to comment.

Your email address will not be published. Required fields are marked *